• ホーム
  • ピルのジェネリック医薬品はクリニックでも処方

ピルのジェネリック医薬品はクリニックでも処方

ピルは避妊や子宮系の治療、月経前症候群の改善など幅広く使われ、女性の強い味方と言えます。
しかしクリニックで処方してもらうとなると健康保険を適用することが出来ないため、1シートで約3,000円程度かかり更に診察代が加算されるので利用する側からすると大きな負担になります。
その負担を減らす方法としてジェネリック医薬品を使用することが挙げられるのですが、クリニックでピルのジェネリック医薬品は処方してもらうことが出来るのでしょうか。
結論を先に述べればピルのジェネリック医薬品を取り扱っているクリニックはあり、ファボワール錠やラベルフィーユがそれにあたります。
これらは2,000円程度で購入することが出来るので、ピル購入の負担を減らすことが出来ます。
しかし全てのクリニックでピルのジェネリック医薬品を処方するとは限らないので、ジェネリック医薬品の利用を考えているのであれば、最初に受付などで扱っているかどうかを確認してから受診をしましょう。
ジェネリック医薬品といっても先発医薬品であるピルと同じ成分で製造されているため、同じ効果を期待することが出来ます。
しかしその反面、先発医薬品のピルの種類が体質に合わなかった場合はジェネリック医薬品でも同じように体質に合わないとされるので注意しましょう。
薬の選択の幅が広がるのではなく、あくまでも金額的な負担を減らすことにあります。
ピルは薬の通信販売から購入することも出来ますが、副作用や使用に関する注意などに不安がある場合はクリニックで処方してもらうことが最適です。
それはジェネリック医薬品でも同じことが言えるので、安心して使用できる環境を整えたいと考えるのであれば、クリニックで処方してもらいましょう。